【2022年3月】15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPCを徹底比較!!

ゲーミングPC大学

種類が多すぎてどれが良いか分からない・・・。


この記事では15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPCをご紹介していきます。


▼15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPC10選

ゲーミングPC大学

GALLERIA RM5C-R36T
LEVEL-C056-117-SAX
PG-PG12
AG-IC6B56MGA6-A31
G-GEAR GA5J-C221/B
ZEFT G24CI
G-Master Axilus NEO H670/D4

初心者やライトユーザーに一番コスパの良い価格帯です。

この価格帯のゲーミングPCはゲーム以外の作業もストレスフルで行うことができ、WQHDまでの解像度であればほとんどのゲームが快適に動きます。

ps5が手に入らないユーザーはゲームプラスαで幸せになれます。

ゲーミングPC大学

まずは15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPCの選び方を見ていきましょう!!

目次

15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPC|選び方

cpuがインテルかAMDか

好みの問題が大きいですが、今ならインテルであればi5 12400以上、AMDであればRYZEN5 5600以上は最低でも欲しいところ。

ここはゲームだけを追求するのであれば最低ラインで良い。

比較サイトなどでネットでよく研究するのが吉。

最低でも3つ以上の比較サイトで研究すること。

グラボの型番

GeForce RTX3060以上のスペックは欲しい。

ゲーミングPCを選ぶ際に一番重要な項目ということを覚えておくように。

今はYouTubeに情報が溢れているため、比較サイトの他にYouTubeは必ずチェックしたい。

YouTube5動画、比較サイト5つ以上を目安として研究が必要。

BTOのメーカー

主にサポートや納期などに違いがある。

サポートはどうしても当たり外れがあるので一概には言えないが、電話窓口の対応時間が長い所を選ぶと幸せになれる。

また納期については、ドスパラが最も早く、これも各メーカーまちまち。

購入時期はあまり重要視しない項目かもしれないが、ポチった後は到着が非常に待ち遠しいものである。

PCケースのデザイン

BTOのゲーミングPCははっきり言ってダサいケースが多い。

個性的とも言うだろうか。

メーカーや商品によってコスパの違いはあるもののデザインにこだわる人ならばケースのデザインで決めるのも悪くない選択。

ただし、コナミなどの一流メーカーはあまりにもコスパが悪すぎるため、これはさすがにNG。

購入時期

欲しい時が買い時は真理。

昨今のグラボ諸々の高騰もあり、時期が悪いと言われ続けているが、待てども良くなるかどうかは神のみぞ知るところ。

特にPS5が手に入らないが最新ゲームをプレイしたい方は、今すぐの購入をお勧めする。

ストレスフルなPCを購入することは何 何物にも変え難い幸福を得ることができる。

ゲーミングPC大学

次に、15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPCのメリットとデメリットを見ていきましょう!!

15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPC|メリットとデメリット

15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPCのメリットとデメリットを紹介していきます。

デメリット

1.4Kや最新ゲームには頼りないスペック
2.ケースがダサい
3.家庭用据置機と比べると人によりコスパ悪い
4.家庭用据置機と比べると電気代がかかる

メリット

1.WQHDまでのほとんどのゲームが快適に動作
2.ゲーム以外の用途でもストレスフルに動作
3.コスパが最高、価格とスペックのバランスが一番良い
4.5年は第一線で動作する

ゲーミングPC大学

それでは15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPCを紹介していきます!!

15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPC|ゲーミングPC大学のイチオシ

GALLERIA RM5C-R36T

動画編集やゲーム配信も難なくこなすリーズナブルな価格のゲーミングPCです。

グラフィックボードはRTX3060ti、CPUはCore i5 12400の組み合わせで、20万円以下のPCにおけるゲーム性能では最も高性能な組み合わせのマシンです。

フルHD〜WQHDの範囲であれば大抵のゲームを快適にプレイすることができます。

15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPC|人気のおすすめ商品比較

LEVEL-C056-117-SAX

RTX3060tiグラフィックボードを搭載している安価なゲーミングPCです。

旧世代のハイクラスCore i7 11700のCPUを採用しているものの、ゲームプレイやクリエイティブ性能はいずれもCore i5 12400と同等で、コンパクトサイズにより省スペースを実現できる使い勝手の良いマシンです。

G-GEAR GA5J-C221/B

最新Core i5 12600Kを搭載しているリーズナブルな価格のゲーミングPCです。

フルHDがメインのグラフィックボードはRTX3060を採用しているためクリエイティブ作業にも向いていて、従来のCore i5 より動画編集が高速で、ゲーム配信もより安定しているのが特徴です。

PG-PG12

ゲーム性能よりもクリエイティブ性能を重視しているゲーミングPCです。

最新のCore i5 12600KFを搭載しているものの、グラフィックボードはRTX3060なのでフルHDの使用がメインになります。

一方で動画編集やゲーム配信としては高速なので、クリエイティブな作業を本格的に行いたい人向けのPCです。

AG-IC6B56MGA6-A31

コスパを重視した安価なパーツで構成されたゲーミングPCです。

RTX3060の性能を最大限引き出す最新世代には劣るものの、フルHDであれば十分なゲーム性能を兼ね備えています。

旧世代のCore i5 11400のCPUを採用することでコストを抑えたシンプルなデザインのマシンです。

ZEFT G24CI

BTOメーカーSEVENが手掛けるリーズナブルな価格のゲーミングPCです。

最新世代のミドルスタンダード的な構成を採用したCore i5 12400とRTX3060の組み合わせで、性能的には一段階劣りますが、人気の「H510」PCケースを採用しているスタイリッシュなデザインが魅力です。

G-Master Axilus NEO H670/D4

BTOメーカーサイコムのゲーミングPCです。

デザイン性に優れた人気PCケースの「CA-H510」や冷却性能で定評のあるNoctua製のCPUクーラーを採用しているリーズナブルな価格のPCで、Core i5 12400とRTX3060の組み合わせによりコストを抑えていますが、高負荷時でも熱による性能低下を防止します。

15万円以上20万円未満のおすすめのゲーミングPC|まとめ

寝不足になりますが、ゲームに没頭でき幸福度が上がります。

ストレスフルにPCやゲームが動くことは非常に重要で、初心者はこの価格帯のゲーミングPCを選ぶことでお財布に比較的優しく幸せになれます。

ストレスフルなPCはゲーム以外のことにも興味を持たせてくれる付加価値もあります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる